So-net無料ブログ作成

純と愛 ネタバレ 26週

純と愛 ネタバレ 26週

いよいよ、純と愛、26週は最終週ですね。

台風でホテルが被害を受けるというネタバレは既にありましたが、
あくまでも、外観のことだと思っていました。
でも、中まで、かなりボロボロになっていて、
もしも私が、純だったら、もうその場で、もうダメ!って倒れこんでしまいそうな有様でしたね。

そして、何よりもショックだったのは、あのジュークボックス。
なんとか、あれだけは、直って欲しいものです。

ホテルは散々な有様で、
純はホテルのオープンを延期するしかないのですが、
愛は、純が目を覚まさないのなら、純のためのホテルなのだから
もう魔法の国を作ることはできないと言い出します。

そして、皆には新しい就職先を紹介し、延期というよりももうあきらめたからかのようでした。
相変わらず目を覚まさない愛。
純は、多恵子に愛の大好きな「ねむり姫」を読み聞かせてくれるように頼みます。

【送料無料】ねむりひめ [ 荒井良二 ]

【送料無料】ねむりひめ [ 荒井良二 ]
価格:1,680円(税込、送料込)



↑このねむり姫は、昔からある本ではなく、純と愛が始まって、新たにかかれたものです。

誠はその時、みんなの前で、医者になって愛ちゃんを絶対に治してみせると宣言します。
死ぬ気で勉強を始めることを誓うのです。
その言葉通りに、宮古を後にする誠に剛は「俺は何年でも待っている」と告げます。

純がホテルをやる気になったら、必ず戻ってくるといって、
剛は大阪に帰って個展の準備に、正は、ホテルの出張マッサージ、
欄は美容院、羽純はカラオケボックスと、純が紹介した職場で働き始めます。

ホテルに戻ってみると、ホテルオークラで一緒に働いていた
大先社長、桐野さん、水野、千香がいました。

そして、里やのサト、忍の姿も。

ホテルの2階で愛の姿を見た一堂は言葉を失います・・・

認知症が進んで、家族のことすらわからくなっていた晴美は、
純に笑顔で、「ここは魔法の国でしょう」と、いいます。

純は、この言葉を聞いて、たとえ愛が目を覚まさなくても、
愛への愛が詰まったホテルを作ることを誓うのです。

そして迎える最終回・・・

純と愛、26週、第151回・・・

愛は目を覚ますのでしょうか?

純と愛の第26週のサブタイトルは、「いきる」なんですよね・・・

 >>純と愛の関連グッズを楽天で見てみる



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ
Copyright © 純と愛 最終回 ネタバレと結末 All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。